バストアップする前に知っておきたいこと

バストアップする前に知っておきたいこと

バストアップを考えているのであれば、その構造と知識を理解しておきましょう。

 

まず基本的に乳腺とはエストロゲン作用で増殖しますが、プロゲステロン作用によって発達し、思春期以降になると女性の体に変化が起き卵巣が発達、そして女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が多くなり、乳腺が発達します。

 

クーパー靭帯とはコラーゲンの束で、乳腺や筋肉を皮膚に繋ぎとめる役割があります。

 

バストアップをするときにはバストを優しく扱うことと、このクーパー靭帯が切れないようケアをしていきましょう。

 

大胸筋はバストの土台として考えておくべきで、バストアップに関しても大事な役割を担っています。

 

乳房内脂肪組織はバストの脂肪になります。つまり脂肪が多ければ多いほどバストアップを望めるということです。

 

エストロゲンは女性卵巣で作られる女性ホルモンです。

 

妊娠、月経などから促され、その効果はお肌を艶やかにさせ、髪質や量を増やし胸のふくらみも増します。

 

また体内では脳や骨や血管などを強固にし、自律神経といったものを活発化させ健康的な状態にさせることもできます。

 

プロエストロゲンは乳腺を発達させ基礎体温を上昇、子宮内膜などを活発、血糖値を正常にさせるなどの効果があります。

 

このようにバストアップを考えるのであれば、まず基礎知識を学び効果的にバストアップをしてみてはいかがでしょうか。

3つの方法でバストアップに挑戦する

 

バストサイズは身長と同じで遺伝の影響が強いと勝手に判断していたので、大きくするためには豊胸するしか手段がないと思っていました。

 

豊胸は短期間でバストアップが可能な魅力はあります。

 

しかし、外部から胸の中にシリコンを入れることに抵抗があったので、豊胸に対しては消極的でした。

 

急にではなくても、少しずつバストアップできる方法であれば何でも良かったので、気になった方法はとりあえず挑戦してみることにしました。

 

難しい方法は続ける自身がなかったので、簡単な方法をいくつか試してみました。

 

まず試したのがバストマッサージです。

 

バストマッサージは、血流を改善したり、乳腺への刺激となるため、バストアップに効果的です。

 

自分の手でマッサージすれば良いだけなので費用は無料ですし、手軽に取り組めます。

 

また、女性ホルモンを増やすためにバストアップサプリも使用を開始しました。

 

女性ホルモンは女性らしい柔らかいボディラインの実現に効果があります。

 

さらに、ナイトアップブラを着用しています。

 

バストは重力に負けるため、何もしなければ垂れてしまいます。

 

ナイトアップブラは、バストを理想的な位置で維持することができます。

 

3つの簡単な方法でバストアップに挑戦し、バストサイズが1つアップしています。