バストアップの種類

バストアップの種類

貧しい胸はときに女性の心を痛めます。

 

胸を豊かにしたいという女性の願いを叶えるバストアップは、大きく5つの種類にわけることができます。

 

ひとつめはマッサージです。

 

バストを両手で包み込むような感じで揉んでいきます。

 

イメージとしては、バスト周辺についている脂肪をバスト中心に持ってくるような感じです。

 

また、上下に揺らしたりしてバストに刺激を与えていきます。

 

ふたつめはエクササイズです。

 

全身を動かすことによりバストアップを目指していきます。

 

ウォーキングでは姿勢に気をつけながら歩くことになります。

 

大胸筋を鍛えることができる腕立て伏せもかなり有効です。

 

バストアップで大切なのは体を動かすことばかりではありません。

 

食べ物とも関係があります。

 

イソフラボンという栄養素が豊富に含まれている、大豆や黒豆などの豆類が効果的です。

 

この他、ホウ素が含まれているキャベツや、たんぱく質が豊富な鶏肉や牛乳などもバストアップに役立ちます。

 

バストの成長に役立つ栄養素を豊富に含んだのがバストアップサプリメントです。

 

食べ物よりも、さらに効率よく大きくすることができます。

 

基本的なバストアップとして、睡眠不足やストレスなどといった体調管理には十分気をつける必要があります。

 

また、つけるブラは成長の妨げにならないように大きめのを選ぶようにします。

バストアップにおいてやってはダメなこと

 

バストアップに効果的なマッサージ術や、ストレッチがメディアにおいてよく紹介されていますが、

 

素人が見ようみまねでやっても、余計胸が垂れてしまったり、形が崩れてしまったりということも少なくありません。

 

バストアップを効果的にやるためには、環境や体調を整えてから行うのが効果的です。

 

そこで、バストアップにNGなことを紹介していきたいと思います。

 

●生活習慣が整っていない

 

夜更かしなど、起床時間がばらばらだと、

 

女性ホルモンも乱れるのでバストアップには厳禁です。

 

 

●生理中、妊娠中にバストをマッサージする

 

子宮の働きを邪魔する場合があります。

 

 

●タバコを吸う

 

タバコは血のめぐりが悪くなるため、バストアップの効果が激減します。

 

 

●姿勢が悪い、猫背になる

 

姿勢が悪いことによって、胸に圧力をかけ、余計な重力によって胸が垂れやすくなります。

 

胸を張って歩きましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

一番心がけてほしいのは、規則正しく、充分な睡眠をとることです。

 

毎日同じ時間帯に、就寝・起床し、最低6時間〜9時間の睡眠をとるのがベストです。

 

マッサージは持続して行うのは難しいので、生活習慣から見直すのが体の健康のためにも最適です。

 

以上のことに気をつけて、バストアップ対策をより効果的に行いましょう。